家造りの全体像を知ろう

ハウスメーカー探しから設計まで

家づくりの流れとしてまず始めに行われるのがハウスメーカー選びです。注文住宅を手がける数多くのハウスメーカーから施工実績などを考慮して最適なハウスメーカーを選びます。また住宅展示場を見学したり、建築見学会や完成見学会などのイベントに参加することもハウスメーカー選びには欠かせないポイントです。ハウスメーカーが決まったら設計士と家造りのプランを練ります。これがいわゆる設計で、家に対するイメージを図面に落とし込みます。この時、要望などがあれば遠慮なく設計士へ伝えることです。ハウスメーカーに在籍する設計士は非常に優秀ですので、顧客からの要望は出来る限り図面に落とし込んでくれます。設計が完了したら、いよいよ家を建築します。

建築からアフターフォローまで

家の建築では図面に従って進められていきます。この時、かつては実際の建築を下請けに任せる傾向がありましたが、近年はハウスメーカー自身が自社管理のもとで施工することが多くなっています。このため手抜き記事や工期の遅れなどといったトラブルはほとんどありません。建築が完了したら、様々な検査を経て最終的に施主による検査が行われます。その検査で問題なければ鍵の引き渡しとなります。引き渡し後、万が一、不具合が生じたら、ハウスメーカーが迅速かつ的確に対処します。また、定期的にメンテナンスを実施するなど、家の完成後においてもしっかりとしたアフターフォローとなっています。このため、末長く安心して快適に生活することができます。

© Copyright Low Cost Housing. All Rights Reserved.