設計を改良して最適なものに仕上げよう

最初に希望をすべて入れた設計から始める

注文住宅は建築の素人である注文者が建築士と話し合って希望の住宅の設計をしてもらい、その設計を元に大工などによって建ててもらいます。注文者は建築の素人ですが色々な希望を持っていて、できればそのすべてが実現できる住宅を造ってもらいたいでしょう。そこでまず最初は希望をすべて取り入れた設計を建築士に行ってもらいまます。一応予算などもあるでしょうが、予算を無視して希望を優先して設計してもらい、それをたたき台にして実際に建てる家にするべく設計を変更していきます。希望をすべて取り入れれば恐らく予算オーバーになるでしょうし、ある希望と別の希望が干渉して両者が希望通りにならなかったりもします。希望部分を減らしたりしながら最適な設計に近づけてもらいます。

既にある建築例を少しずつ改良していく

注文住宅を建てたいときは利用する住宅会社や設計事務所を探す必要があり、その時にはそれらを紹介する本やネットの情報を利用するときがあるでしょう。それらの会社の情報の中には過去に設計した建築例の写真などがあり、こんな住宅を建ててもらいたいと考えるかもしれません。ただあくまでも他人が希望した住宅の建築例なので、すべてが自分たちの希望に合っているわけではないでしょう。そこでまず希望に近い建築例をたたき台にして、そこから自分たちの希望が取り入れられるように改良してもらいましょう。リビングなどは建築例通りにしてもらいたいが、その他の部屋や設備は別途自分たちの考えを取り入れたいときもあるはずです。一から希望を形にしてもらうよりも早く設計できるでしょう。

© Copyright Low Cost Housing. All Rights Reserved.